【ロンドン共同】国際サッカー連盟(FIFA)技術部門の責任者で、元オランダ代表FWのファンバステン氏が18日、AP通信の取材に対し、選手の公式戦出場を年間60試合程度に制限するべきだとの見解を示した...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) サッカーTOPへ