サッカーのJリーグを「命懸けでつくった男」として知られた元Jリーグ専務理事の木之本興三氏が15日、うっ血性心不全のため死去した。68歳。千葉市出身。  古河電工(現ジェ...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) サッカーTOPへ