JリーグがJ1やJ2の参加要件となるクラブライセンス制度について、3期連続赤字で不交付となる項目の撤廃など財務基準の緩和を検討していることが31日、分かった。J1上位に総額約28億円を与える理念強化...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) サッカーTOPへ