日本サッカー協会は23日、東京都内で臨時評議員会を開いて2017年度予算を報告し、経常収益は過去最高だった本年度から約21億7千万円減の182億161万2千円を見込んだ。日本代表の国内試合が減少する...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) サッカーTOPへ