サッカーのJ1広島は22日、日本アンチ・ドーピング機構(JADA)が実施したドーピング検査で、DF千葉和彦選手(31)の検体から興奮作用のある禁止物質が検出され、暫定的資格停止処分を受けていた問題で...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) サッカーTOPへ