日本サッカー協会と東大は16日、スポーツ医学・科学研究の発展のための連携協定を結び、安田講堂(東京都文京区)で調印式を行った。東大が5月に開設したスポーツ先端科学研究拠点を中心に人的交流を図り、サッ...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) サッカーTOPへ