【ロンドン共同】国際サッカー連盟(FIFA)のゼップ・ブラッター前会長は5日、ミシェル・プラティニ氏との金銭授受に法的根拠がないとして6年の活動停止を科したFIFAの処分を支持する裁定をスポーツ仲裁...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) サッカーTOPへ