サッカーのワールドカップ(W杯)で、1974年西ドイツ大会から使用されている優勝トロフィーをデザインしたイタリア人彫刻家のシルビオ・ガッツァニガ氏が、ミラノの自宅で死去した。95歳だった。10月31...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) サッカーTOPへ