サッカーの元ブラジル代表DFで、同国が3度目の優勝を飾った1970年のワールドカップ(W杯)メキシコ大会で主将を務めたカルロスアルベルト氏が心臓発作で死去した。72歳だった。25日、ブラジルの地元メ...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) サッカーTOPへ