【ベルリン共同】サッカーのドイツ1部リーグ、シャルケは4日、右膝のけがで長期離脱しているDF内田篤人が磁気共鳴画像装置(MRI)検査を受け、9月の検査に比べて患部の状態に明らかな改善がみられたと発表...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) サッカーTOPへ