サッカー日本代表のバヒド・ハリルホジッチ監督(63)が5日、地震の被害を受けた熊本県各所を訪問した。蒲島郁夫県知事(69)を表敬訪問後、甲佐町や益城町のスポーツ施設で地元クラブの子どもたちを激励。「...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) サッカーTOPへ