【ロンドン共同】国際サッカー連盟(FIFA)倫理委員会の調査部門は22日、2006年のワールドカップ(W杯)ドイツ大会の招致過程や、開催地決定の投票に絡んだ買収疑惑などについて、同大会組織委員会の会...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) サッカーTOPへ