【ジュネーブ共同】国際サッカー連盟(FIFA)汚職事件で、スイス検察当局は17日、背任などの容疑でバルク前事務局長の捜査を開始した。ブラッター前会長に続き、同氏の右腕として実務を担っていたバルク氏に...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) サッカーTOPへ