【ロンドン共同】国際サッカー連盟(FIFA)で、法的根拠のない金銭の授受を理由に倫理委員会から8年間の活動停止処分を受けたミシェル・プラティニ副会長が7日にフランスのスポーツ紙レキップの取材に応え、...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) サッカーTOPへ