【ベルリン共同】国際サッカー連盟(FIFA)の倫理委員会がブラッター会長とプラティニ副会長に8年の活動停止処分を科したことを欧州各メディアは21日、大々的に報じ、スイス紙ノイエ・チュルヒャー・ツァイ...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) サッカーTOPへ