日本サッカー協会の次期会長選挙へ立候補の意向を表明した原博実専務理事(57)が2日、都内で取材に応じ「オープンに堂々と議論し、投票してもらいたい。選手や監督、技術委員長としていろいろな経験をしてきた...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) サッカーTOPへ