【ロンドン共同】国際サッカー連盟(FIFA)倫理委員会の調査部門が同委員会裁定部門に提出した報告書の中で、不透明な金銭授受をめぐる問題で90日間の暫定活動停止処分を受けているミシェル・プラティニ副会...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) サッカーTOPへ