【ベルリン共同】国際サッカー連盟(FIFA)の倫理委員会から90日間の暫定活動停止処分を受けているミシェル・プラティニ副会長(60)は20日、処分を不服としてスポーツ仲裁裁判所(CAS)に提訴した。...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) サッカーTOPへ