【ベルリン共同】国際サッカー連盟(FIFA)の上訴委員会は18日、倫理委員会が科した90日間の暫定活動停止処分を不服とするブラッター会長とプラティニ副会長の申し立てを却下したと発表した。 ...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) サッカーTOPへ