【ロンドン共同】不正疑惑で90日間の暫定的な活動停止処分を受けている国際サッカー連盟(FIFA)のブラッター会長が28日、18年W杯ロシア大会の開催地決定が、投票前に事実上内定していたことを示唆し...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)