【ベルリン共同】ドイツ・サッカー連盟のニースバッハ会長は22日、記者会見を開いて2006年ワールドカップ(W杯)招致の買収疑惑をあらためて否定したが、05年にW杯組織委員会が国際サッカー連盟(FI...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)