【チューリヒ(スイス)共同】国際サッカー連盟(FIFA)の倫理委員会は21日、元FIFA理事で西ドイツ(当時)代表の名選手だったベッケンバウアー氏と、ビリャルリョナ副会長(スペイン)が調査対象にな...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)