【ベルリン共同】サッカーの2006年ワールドカップ(W杯)ドイツ大会の招致委員会会長を務めた元名選手のベッケンバウアー氏は18日、招致で買収行為があったとの報道について「票を得るために、私は誰にも...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)