【ケルン(ドイツ)共同】ドイツ・サッカー連盟は16日、同国有力誌シュピーゲル(電子版)が2006年のワールドカップ(W杯)招致で買収行為があったと報じた疑惑を否定する声明を出した。「06年W杯招致...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)