【ベルリン共同】汚職問題に揺れる国際サッカー連盟(FIFA)は15日、ハヤトウ会長代行(カメルーン)が着任したと発表した。同会長代行は「FIFAは前例のない状況に置かれている。しかし、改革や次期会...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)