【ベルリン共同】汚職問題に揺れる国際サッカー連盟(FIFA)が来年2月26日に行う予定の次期会長選挙で、ヨルダンのアリ王子が15日、正式に立候補を届け出た。ことし5月の会長選でブラッター会長に敗れ...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)