日本サッカー協会とJリーグが共催する八百長対策セミナーが7日、都内で開かれ、日本協会の原博実専務理事はプロ野球の野球賭博問題に触れ「もう一度、スポーツ界が襟を正さないと大変なことになる。サッカー界...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)