【ジュネーブ共同】国際サッカー連盟(FIFA)の汚職事件で、スイス検察当局から背任と横領の疑いで事情聴取を受けたブラッター会長は28日、FIFAのスタッフに対し、自身の疑惑をあらためて否定した上で...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)