国際サッカー連盟(FIFA)のブラッター会長がスイスの検察当局から背任と横領の疑いで事情聴取され、一連の汚職事件が新局面を迎えた件で26日、日本のサッカー関係者からは真相究明を求める声やスポンサー...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)