1960年代に日本代表を指導して「日本サッカーの父」と称され、17日に90歳で死去したデットマール・クラマー氏へ哀悼の意を表し、19日に各地で行われたJ1の試合開始前に黙とうがささげられた。

...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)