【ベルリン共同】1960年代にサッカーの日本代表を指導し「日本サッカーの父」と称されるドイツ人のデットマール・クラマー氏が17日、死去した。90歳。同国サッカー連盟が18日に発表した。死因は明らか...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)