【ロンドン共同】国際サッカー連盟(FIFA)は11日、汚職事件を受けて設置を決めていたタスクフォース(特別チーム)のトップに、国際オリンピック委員会(IOC)元事務総長のカラード氏が就任すると発表...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)