J1清水の大榎克己監督(50)が成績不振の責任を取って辞意を表明したことが1日、関係者の話で分かった。後任は田坂和昭ヘッドコーチ(43)が昇格する見通し。今季第1ステージで最下位に終わり、年間順位...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)