サッカー女子のプレナスなでしこリーグ、大阪高槻が30日、資金不足で経営危機に陥っていることを明らかにした。大口スポンサーの撤退などで選手や本並健治監督への報酬は約2カ月分の遅配が生じ、12月までの...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)