オーストラリア代表が29日、トゥイッケナム競技場で31日に行われるラグビー・ワールドカップ(W杯)決勝、対ニュージーランド戦の登録メンバーを発表した。

25日に行われた準決勝アルゼンチン戦の先発メンバーから変更されたのは1人だけ。負傷のために準決勝を欠場したスコット・シオが左プロップで先発に復帰、ジェームズ・スリッパーが控えに回った。

先発CTBに入ったマット・ギタウは、オーストラリアが最後に決勝に進んだ03年大会でも控えCTBとして決勝でプレーした。

準決勝を終えた時点でSOバーナード・フォーリーの今大会通算得点は75。フォーリーは、アルゼンチンのニコラス・サンチェス(89点)、スコットランドのグレイグ・レイドロー、南アフリカのハンドレ・ポラード(ともに79点)に次ぎ、得点数で4位につけている。

WTBドルー・ミッチェルはW杯通算14トライを挙げており、ジョナ・ロムー(ニュージーランド)とブライアン・ハバナ(南アフリカ)が持つ最多トライ記録(15)にあと1トライに迫っている。

WTBアダム・アシュリ−クーパーがニュージーランドと対戦するのはこの決勝で29回目となり、デービッド・キャンピージーがこれまで持っていたチーム歴代記録に並ぶ。アシュリークーパーはニュージーランドから通算9トライを挙げており、これが対ニュージーランド戦のチーム最多トライ数となっている。

オーストラリア

1. スコット・シオ
2. スティーブン・ムーア(主将)
3. セコペ・ケプ
4. ケーン・ダグラス
5. ロブ・シモンズ
6. スコット・ファーディー
7. マイケル・フーパー
8. デービッド・ポーコック
9. ウィル・ゲニア
10. バーナード・フォーリー
11. ドルー・ミッチェル
12. マット・ギタウ
13. テビタ・クリンドラニ
14. アダム・アシュリークーパー
15. イズラエル・フォラウ

控え:
16. タタフ・ポロタナウ
17. ジェームズ・スリッパー
18. グレグ・ホームズ
19. ディーン・マム
20. ベン・マッカルマン
21. ニック・フィプス
22. マット・トゥームア
23. カートリー・ビール

提供:RNS ig/hi/kf