2019年ワールドカップ(W杯)日本大会の準備状況と日本のラグビーや文化を伝える日本館が24日、新しい展示物などとともにロンドンの中心地ウェストミンスター地区で再オープンした。

日本館には2020年東京五輪・パラリンピックの準備などを伝える展示品が陳列されたほか、希少な日本酒や高級緑茶、伝統的な菓子を試食する機会も設けられた。日本の伝統と現在をテーマにしたセミナーも開かれる。

館長を務める野上義二氏は「2015年ワールドカップでの日本代表のパフォーマンスが好意的に受け止められていることに喜んでいる。今回の日本代表が生み出した関心と善意が、次に日本で開催される大きな国際スポーツイベントとなる2019年ラグビー・ワールドカップ、2020年東京夏季五輪・パラリンピンピックの成功につながることを期待する」と話した。

日本館は31日までオープン。公式サイト:www.presenting-japan.jp

提供:RNS mr/rg/fs/kf