アルゼンチン代表は23日、オーストラリアと対戦する25日の準決勝の登録メンバーを発表し、ダニエル・ウルカデ監督はアイルランドに快勝した準々決勝から先発メンバー1人を入れ替えた。

CTBマルセロ・ボシュがマティアス・モロニに替わって先発するのが唯一の変更になった。ボシュは1次リーグのナミビア戦で危険なタックルがあったとして出場停止処分を受け、アイルランド戦を欠場していた。

アルゼンチンが4強入りしたのは南アフリカに準決勝で敗れた2007年大会以来。今回の代表メンバーの中では、オラシオ・アグージャとフアンマルティン・エルナンデス、フアンマルティン・フェルナンデスロベが南アフリカ戦に先発、フアンマヌエル・レギサモンが途中出場した。

SOニコラス・サンチェスは今大会で74得点をマーク。最多得点争いではすでに敗退したスコットランドのグレイグ・レイドローの79得点に続いて2位につけている。

登録メンバー発表後に記者会見したウルカデ監督は「オーストラリアの弱点を突くことに集中して戦略を立てている」と意欲を語った。「相手の防御が強力なことは分かっている。(1次リーグのウェールズ戦では)13人で素晴らしい守備を見せた。しかし、私たちが得点できないとは限らない。アルゼンチンはどんなチームにもダメージを与える技術を持っている。調子が良ければ、相手に関係なく得点できる」と話した。

準決勝では両チームのスクラムも大きな鍵を握る。主将でフッカーのアグスティン・クレビは「オーストラリアのスクラムは大幅に変わった。強いスクラムを組み、バックスに有効なボールを供給できるようになっている」と警戒した。



1.マルコス・アジェルサ
2.アグスティン・クレビ(主将)
3.ラミロ・エレラ
4.ギド・ペッティパガディサバル
5.トマス・ラバニーニ
6.パブロ・マテラ
7.フアンマルティン・フェルナンデスロベ
8.レオナルド・セナトレ
9.マルティン・ランダホ
10.ニコラス・サンチェス
11.フアン・イモフ
12.フアンマルティン・エルナンデス
13.マルセロ・ボシュ
14.サンティアゴ・コルデロ
15.ホアキン・トゥクレ

控え
16.フリアン・モントヤ
17.ルーカス・ノゲラ
18.フアン・フィガジョ
19.マティアス・アレマノ
20.ファクンド・イサ
21.トマス・クベリ
22.ヘロニモ・デラフエンテ
23.ルーカスゴンサレス・アモロシノ

提供:RNS sw/fs