オーストラリア代表が23日、準決勝のアルゼンチン戦(25日)の登録メンバーを発表し、ナンバー8のデービッド・ポーコック、FBイズラエル・フォラウが先発に復帰した。

ポーコックはふくらはぎ、フォラウは足首を負傷していたが、23日の練習後に出場に支障がないと判断された。準々決勝のスコットランド戦で先発したベン・マッカルマンとカートリー・ビールは控えに回った。プロップでは負傷したスコット・シオの替わりにジェームズ・スリッパーが先発する。26歳のスリッパーにとっては代表戦73試合目となり、プロップとしてはベン・ロビンソンの72キャップを更新し、オーストラリア代表最多となる。

副主将のマイケル・フーパーは代表戦50試合目。左WTBで先発するドルー・ミッチェルはあと1トライで、ジョナ・ロムー(ニュージーランド)とブライアン・ハバナ(南アフリカ)が持つワールドカップ(W杯)の通算最多トライ記録の15に並ぶ。

マイケル・チェイカ監督はスリッパ—の起用に自信を示すとともに、チームが準々決勝のスコットランド戦以上のラグビーをすることを期待した。「ジェームズ(・スリッパー)は先発メンバーに入るために素晴らしいプレーをしてきた。先発のチャンスを生かすはずだ。彼はチームのリーダー。今大会と大会前の試合でも好プレーを見せていた」

「25日の試合は大舞台。選手にとってはスコットランド戦を上回るプレーを見せる絶好のチャンスになる。オーストラリア人が代表を誇りに思うような試合をしたい」


1.ジェームズ・スリッパー
2.スティーブン・ムーア(主将)
3.セコペ・ケプ
4.ケーン・ダグラス
5.ロブ・シモンズ
6.スコット・ファーディー
7.マイケル・フーパー
8.デービッド・ポーコック
9.ウィル・ゲニア
10.バーナード・フォーリー
11.ドルー・ミッチェル
12.マット・ギタウ
13.テビ・    クリンドラニ
14.アダム・アシュリークーパー
15.イズラエル・フォラウ
控え
16.タタフ・ポロタナウ
17.トビー・スミス
18.グレグ・ホームズ
19.ディーン・マム
20.ベン・マッカルマン
21.ニック・フィプス
22.マット・トゥームア
23.カートリー・ビール

提供:RNS sw/fs/kf