オーストラリア代表(ワラビーズ)のマイケル・チェイカ監督は16日、18日にトゥイッケナム競技場で行われる準々決勝、スコットランド戦の登録メンバーを発表した。

スティーブン・ムーアとマット・ギタウがこの試合で代表100試合目を迎え、ジョージ・グレーガン(139)、ネイサン・シャープ(116)、ジョージ・スミス(111)、スティーブン・ラーカム(102)、デービッド・キャンピージ(101)と現チームメンバーのアダム・アシュリークーパー(111)に次いで、ワラビーズで100試合の出場記録を誇る選手となる。

ムーアはこの記念すべき試合で主将を務め、けがを克服したギタウもCTBとして出場する。

2013年にイタリアがフィジーと代表試合を行った際、セルジオ・パリセとマルティン・カストロジョバンニがそろって代表100試合を達成したが、チームメンバーの2人がそろって100試合目を迎えるのはラグビー史上、ムーアとギタウが2組目となる。

デービッド・ポーコックとイズラエル・フォラウは、10月10日のウェールズ戦で負傷した箇所が完治せず、準々決勝を見送ることになった。

ポーコックのポジションにはベン・マッカルマンが入る。マッカルマンは今大会、ナンバー8としては2度目の先発出場となり、スコット・ファーディーと出場停止処分の解けたマイケル・フーパーとバックローを組むことになる。

今季控え選手として良い動きをしてきたカートリー・ビールがフォラウのポジションに就く。
 
ウェールズ戦で見せ場を作ったロックのロブ・シモンズが先発に起用され、代わりにディーン・マムが控えに回った。

1.スコット・シオ
2.スティーブン・ムーア(主将)
3.セコペ・ケプ
4.ケーン・ダグラス
5.ロブ・シモンズ
6.スコット・ファーディー
7.マイケル・フーパー
8.ベン・マッカルマン
9.ウィル・ゲニア
10.バーナード・フォーリー
11. ドルー・ミッチェル
12.マット・ギタウ
13.テビタ・クリンドラニ
14.アダム・アシュリークーパー
15.カートリー・ビール 

控え
16.タタフ・ポロタナウ
17.ジェームズ・スリッパー
18.グレグ・ホームズ
19.ディーン・マム
20. ショーン・マクマーン
21.ニック・フィプス
22.マット・トゥームア
23.クエイド・クーパー

提供:RNS ej/hi/hh