アルゼンチン代表のダニエル・ウルカデ監督は16日、準々決勝のアイルランド戦の登録メンバーを発表し、1次リーグのナミビア戦から10選手を入れ替えた。先発15人の合計キャップは496で、平均年齢は27歳93日。今大会では1次リーグのジョージア戦に次いで2番目に経験値が高く、年齢も高いラインアップだ。

FW第1列はナミビア戦では控えだった選手が先発し、総替わり。第2列ではトマス・ラバニーニがマティアス・アレマノの代わりに入る。第3列にはフアンマルティン・フェルナンデスロベとレオナルド・セナトレが戻り、ファクンド・イサが控えに入り、ハビエル・オルテガデシオがメンバーから外れた。

バックスでは、フアンマルティン・エルナンデスが左CTBに移り、ニコラス・サンチェスがSO。マティアス・モロニは右CTBに入り、ルーカスゴンサレス・アモロシノは控えになった。

マルティン・ランダホは50キャップを獲得する。

2007年大会の3位決定戦に出場経験があるのは、エルナンデス、フェルナンデスロベ、マルコス・アジェルサの3人。フェルナンデスロベはW杯通算15試合目で、アルゼンチンでは史上4番目の出場回数になる。

アルゼンチン

1.マルコス・アジェルサ
2.アグスティン・クレビ(主将)
3.ラミロ・エレラ
4.ギド・ペッティパガディサバル
5.トマス・ラバニーニ
6.パブロ・マテラ
7.フアンマルティン・フェルナンデスロベ
8.レオナルド・セナトレ
9.マルティン・ランダホ
10.ニコラス・サンチェス
11.フアン・イモフ
12.フアンマルティン・エルナンデス
13.マティアス・モロニ
14.サンティアゴ・コルデロ
15.ホアキン・トゥクレ

控え
16.フリアン・モントヤ
17.ルーカス・ノゲラ
18.フアンパブロ・オルランディ
19.マティアス・アレマノ
20.ファクンド・イサ
21.トマス・クベリ
22.ヘロニモ・デラフエンテ
23.ルーカスゴンサレス・アモロシノ

提供:RNS sw/jh/hh