ニュージーランド代表のスティーブ・ハンセン監督は15日、17日にカーディフで行われる準々決勝、フランス戦の登録メンバーを発表した。

ニュージーランドは、10月9日に行われたトンガ戦の先発メンバーから4人を変更した。トニー・ウッドコック、ルーク・ロマノ、サム・ケイン、ワイサケ・ナホロに代わって、ワイアット・クロケット、ブロディー・レタリック、リッチー・マコウ、ジュリアン・サベアが先発に入った。

先発メンバーの総キャップ数は988と、ワールドカップ(W杯)の準々決勝に進出したチームの中で、歴代最多キャップを誇るチームとなる。またニュージーランドのW杯総キャップ数としては、今大会の1次リーグC組のアルゼンチン戦に次いで2番目。

平均年齢は29歳254日で、年齢面でも今大会のアルゼンチン戦に次ぎ、2番目に高くなった。
 
今回の先発メンバーの中で、2007年大会の準々決勝でフランスに敗れた際にプレーしたのはリッチー・マコウとダニエル・カーターの2人のみ。カーターはこの試合、キックで8得点を挙げたが、チームは18−20で逆転負けした。

主将のリッチー・マコウは、ウィル・カーリングとマーティン・ジョンソン(ともにイングランド)、ラファエル・イバニャス(フランス)、ジョン・スミット(南アフリカ)が持つW杯最多キャプテン数の11に並ぶ。ウェールズ代表で主将を務めるサム・ウォーバートンも17日の準々決勝、南アフリカ戦でこの記録に並ぶことになる。

ダニエル・カーターがこの試合で18得点を挙げれば、W杯通算得点で5位のアンドリュー・マーテンス(ニュージーランド)の163点に並ぶ。現在、ニュージーランド選手の最上位はグラント・フォックスで、170得点の4位。

1. ワイアット・クロケット
2. デーン・コールズ
3. オーウェン・フランクス
4. ブロディ—・レタリック
5. サミュエル・ホワイトロック
6. ジェローム・カイノ
7. リッチー・マコウ(主将)
8. キーラン・リード
9. アーロン・スミス
10. ダニエル・カーター
11. ジュリアン・サベア
12. マア・ノヌー
13. コンラッド・スミス
14. ネヘ・ミルナースカッダー
15. ベン・スミス

控え:

16. ケビン・メアラム
17. ジョー・ムーディー
18. チャーリー・ファウムイナ
19. ビクター・ビト
20. サム・ケイン
21. タウェラ・カーバーロー
22. ボーデン・バレット
23. ソニービル・ウィリアムズ

提供:RNS ej/hi/hh