最新の世界ランキングが12日に発表され、11日の1次リーグB組の米国戦に勝利した日本は順位を一つ上げて10位となった。フランスに勝ち、1次リーグD組首位通過となったアイルランドは、ウェールズと南アフリカを上回り、5位から3位に浮上した。

フランスはアイルランドと準々決勝で対戦するアルゼンチンと入れ替わり、7位に後退した。

準々決勝に進んだ8チームのうち、スコットランド以外の7チームがトップ8に入った。

トップ10は以下の通り(丸カッコは先週の順位)

1(1) ニュージーランド
2(2) オーストラリア
3(5) アイルランド
4(3)ウェールズ
5(4)南アフリカ
6(7) アルゼンチン
7(6) フランス
8(8) イングランド
9(9) スコットランド
10(11) 日本

提供:RNS kd/jh/fs