開催国イングランドは6日、ウルグアイと対戦する10日の1次リーグA組最終戦の登録メンバーを発表した。

イングランドは3日の一戦でオーストラリアに13−33で敗れ、1次リーグ敗退が決まった。開催国が決勝トーナメントに進出できないワールドカップ(W杯)史上初の屈辱を味わったが、スチュアート・ランカスター監督は「非常に傷ついている。それは永遠に変わらないだろう」と今も苦痛を感じていることを明らかにした。それでも同監督は「良い形で大会を終えたい。最後に好印象を残すのは大切なことだ」とウルグアイ戦での必勝を期した。

イングランドはオーストラリア戦の先発メンバーを8選手入れ替えた。SOにはジョージ・フォードが先発復帰。FBアレックス・グッド、CTBヘンリー・スレード、左WTBジャック・ノーウェル、SHダニー・ケア、ナンバー8ニック・イースター、フランカーのジェームズ・ハスケル、プロップのマコ・ブニポラの7人が今大会初先発となる。ケア、ノーウェル、スレード、グッドはいずれもW杯初出場。控えのジェイミー・ジョージも出場すれば初になる。

ブニポラは29キャップだが、代表としては5試合目の先発出場。今回発表された先発ラインアップには50キャップ以上を持つハスケル(61)、イースター(53)、ケア(52)が入っているが、全体では通算475キャップで、今大会ではフィジーとの初戦の470キャップに次いで少ない。

1.マコ・ブニポラ
2.トム・ヤングズ
3.ダン・コール
4.ジョー・ローンチベリー
5.ジェフ・パーリング
6.ジェームズ・ハスケル
7.クリス・ロブショー(主将)
8.ニック・イースター
9.ダニー・ケア
10.ジョージ・フォード
11.ジャック・ノーウェル
12.オーウェン・ファレル
13.ヘンリー・スレード
14.アンソニー・ワトソン
15.アレックス・グッド
 
控え:

16.ジェイミー・ジョージ
17.ジョー・マーラー
18.デービッド・ウィルソン
19.ジョージ・クルーズ
20.トム・ウッド
21.リチャード・ウィグルズワース
22.ジョナサン・ジョゼフ
23.マイク・ブラウン

提供:RNS ej/jh/fs