南アフリカのハイネケ・メイヤー監督は30日、10月3日にニューカッスルで行われる1次リーグB組のスコットランドとの第3戦の登録メンバーを発表した。

26日のサモア戦から先発を3人変更。ビスマルク・デュプレッシーがアドリアン・ストラウスの代わりにフッカーを務め、フランカーはビクター・マットフィールドに代わりルードベイ ク・デヤーヘル、大会離脱を余儀なくされ代表引退を発表したジャン・デビリアスに代わってジェシー・クリエルがCTBに入る。

デビリヤスに加え、マットフィールドも登録メンバーに入っていない。先発で100試合以上の代表キャップを持つのは、ブライアン・ハバナ(112)のみとなっている。

代表73試合目となるSHフーリー・デュプレアが、初めてスプリングボクス(南ア代表)の主将を務める。
.
2007年大会終了以降、スプリングボクスの主将を務めたのは4人のみ。ジャン・デビリアス、ジョン・スミット、ビクター・マットフィールド、スカルク・バーガーに続き、デュプレアは5人目となる。

テンダイ・ムタワリラ、ビスマルク・デュプレッシー、ヤニー・デュプレッシーの3人がフロントローを組むのは、代表記録をさらに伸ばして20回目。

ブライアン・ハバナはあと1トライで61トライとなり、元ウェールズ代表のシェーン・ウィリアムズを抜いてテストマッチの歴代3位に。元日本代表の大畑大介(69)と元オーストラリア代表のデービッド・キャンピージ(64)の1、2位を視界に捉える。

南アフリカ:
1. テンダイ・ムタワリラ
2. ビスマルク・デュプレシー
3. ヤニー・デュプレシー
4. エベン・エツベツ
5. ルードベイク・デヤーヘル
6. フランソワ・ロウ
7. スカルク・バーガー
8. ドゥエイン・フェルミューレン
9. フーリー・デュプレア(主将)
10. ハンドレ・ポラード
11. ブライアン・ハバナ
12. ダミアン・デアリエンディ
13. ジェシー・クリエル
14. JP・ピーターセン
15. ウィリー・ルルー

控え:
16. アドリアン・ストラウス
17. トレバー・ニャカネ
18. フランス・メルヘルベ
19. ピーターステフ・デュトイ
20. ビレム・アルバーツ
21. ルアン・ピナール
22. パット・ランビー
23. ヤン・サーフォンテイン

提供:RNS yw/mn/hi/hh