ニュージーランド代表のスティーブ・ハンセン監督は、10月2日にカーディフで行われる1次リーグC組のジョージア戦メンバーを発表した。

メンバーには、7月のアルゼンチン戦で代表デビューした期待の星、WTBワイサケ・ナホロ(24)が名を連ね、ナホロはこの試合でワールドカップ(W杯)デビューを果たすことになる。

ナホロ(写真)はアルゼンチン戦で腓骨を骨折。コーチ陣はナホロがW杯に出場できるかと気をもんでいたが、薬草剤治療が功を奏し、専門医も驚くほどのスピードで回復してW杯に間に合わせた。

ハンセン監督は「ワイサケが戻ってくるのを楽しみにしてきた。彼もトレーニングでうれしそうにしていたし、試合が待ち遠しい状態だと思う」と述べた。

ハンセン監督は9月24日のナミビア戦から先発メンバーを10人変えた。

サミュエル・ホワイトロック、ジェローム・カイノ、ジュリアン・サベアの3人が、ジョージア戦で今大会3試合連続出場となる。また、国際試合での最多通算得点1532を誇るダニエル・カーターが先発メンバーに返り咲いた。

万全なSOはひとり

マア・ノヌー(肩)、コリン・スレード(ハムストリング)、リアム・メッサム(ふくらはぎ)、ボーデン・バレット(むち打ち損傷)の4選手がけがのために選考から外れた。ハンセン監督は、万全なSOがTJ・ペレナラのみとし、必要に応じては控えで途中出場させるという。

「ボーデン、コリン、マアそしてリアムを使えなかったのは残念だが、彼らのけがは軽く、次週の選考には間に合うと思う」

「ジョージア戦は、試合で高い身体能力を証明した2チームを相手に戦ったわれわれのパフォーマンスを足場として、さらに機会を与えてくれるものになる」

「われわれは相手のことを知り尽くしているわけではないが、必要な分は理解している。彼らは大柄、かつ、強靭な選手で、カーディフでの試合に貢献しなければならない。C組のどのチームもそうしたいと思っているだろう」

ニュージーランド

1. ワイアット・クロケット
2. デーン・コールズ
3. チャーリー・ファウムイナ
4. ブロディー・レタリック
5. サミュエル・ホワイトロック
6. ジェローム・カイノ
7. リッチー・マコウ(主将)
8. キーラン・リード
9. アーロン・スミス
10. ダニエル・カーター
11. ジュリアン・サベア
12. ソニービル・ウィリアムズ
13. コンラッド・スミス
14. ワイサケ・ナホロ
15. ベン・スミス

控え:

16. ケビン・メアラム
17. トニー・ウッドコック
18. オーウェン・フランクス
19. ビクター・ビト
20. サム・ケイン
21. タウェラ・カーバーロー
22. TJ・ペレナラ
23. マラカイ・フェキトア

提供:RNS sw/hi/hh