1次リーグD組のアイルランド−ルーマニア戦は27日、ロンドンのウェンブリー・スタジアムで行われ、アイルランドが6トライを決めて44−10で勝って勝ち点10とし、フランスを抜いて首位に立った。

前半8分、アイルランドがPGで先制。11分ルーマニアもPGで同点に追い付いたが、18分に再びアイルランドがPGを決め、直後の19分にはWTBトミー・ボウがタックルを振り切ってゴール右ライン際にトライ。ゴールも決まり13−3。前半終了間際にもトライを決めて18−3で折り返した。

 

後半に入っても4分にはアイルランドのSHオウエン・レダンの絶妙なキックパスをWTBキース・アールズが受けてトライ。その後も3トライを重ねて44−3と一方的な展開へ。ルーマニアが残り2分、意地のトライ(ゴール)をみせたが、アイルランドが1次リーグ2連勝とした。ルーマニアは2敗で勝ち点0のまま。

提供:RNS yk/kf