1次リーグA組のイングランド−ウェールズは26日、ロンドンのトゥイッケナム・スタジアムで行われ、ウェールズが開催国イングランドを28−25と逆転で下して2連勝。初戦のウルグアイ戦に続く勝利で勝ち点9とし、同組首位に立った。

イングランドは前半16分にSOオーウェン・ファレルがDGで6−6の同点とし、24分にはPGで逆転。27分にはSHベン・ヤングズからパスを受けたWTBジョニー・メイがこの試合初トライ(ゴール)を決めてリードを広げ、ウェールズをSOダン・ビガーの3PGに抑えて16−9でハーフタイムに入った。

後半は両SHがPGを3本ずつを決め合い、両チームとも相手のスピーディーな攻撃をしのぐ展開。ウェールズは31分、FBロイド・ウィリアムズの左ライン際から中央へのキックにSHガレス・デービスが走り込んでトライ(ゴール)し、25−25の同点に追い付いた。35分にはビガーがピッチ中央からの長距離PGを決めてついに逆転。その後もリードを守り切って貴重な勝利を手にした。

敗れたイングランドは7点差以内での敗戦に与えられる勝ち点1を得て、2試合を終え1勝1敗で勝ち点6の2位となった。

提供:RNS mn/kf