2015年ラグビー・ワールドカップ(W杯)開幕戦は18日、ロンドンのトゥイッケナム競技場で行われ、1次リーグA組の地元イングランドがフィジーを35−11で破り、12年ぶりの優勝に向けて好スタートを切った。

イングランドは序盤に好調なラグビーを見せた。前半3分にSOジョージ・フォードのペナルティーゴール(PG)で先制すると、フィジーの反則を生かして2連続トライを決めた。前半13分、敵陣でラインアウトを獲得。FWがモールを一気に押し込み、認定トライ(ゴール)を奪った。同22分には相手のラインアウトからボールを奪取すると、素早くバックスへとつなぎ、最後はFBマイク・ブラウンがゴール左サイドにトライを決め、15−0とした。


フィジーの反撃が始まったのは前半25分をすぎてからだった。SHニコラ・マタワルの独走トライは惜しくもビデオ判定で認められなかった。しかし、同30分にはSOベン・ボラボラが逆サイドにキック。大型WTBネマニ・ナンドロが捕球し、トライを奪った。その後は両チームがPGを1本ずつ決め、イングランドが18−8で前半を折り返した。

後半は両チームが連続攻撃を続けることができず、試合はこう着状態になった。それでもフィジーは後半24分にボラボラのPGで11−18とした。しかし、イングランドもその4分後にSOオーウェン・ファレルのPGで再び10点差。同32分にはようやくパスがつながり、ブラウンがこの日2本目のトライ(ゴール)を挙げた。終盤もナンバー8のビリー・ブニポラが混戦の中からゴールライン上にトライ(ゴール)。計4本のトライを奪ったイングランドはボーナス勝ち点1も獲得した。

提供:RNS fs/hh