日本代表のエディー・ジョーンズ・ヘッドコーチ(HC)は18日、1次リーグB組の南アフリカ戦(19日)の前日練習後に会見し、先発出場する予定だったCTBクレイグ・ウィングがふくらはぎを負傷し、立川理道が代わって先発することを明らかにした。控えメンバーには田村優が入った。


同HCは「はふくらはぎの状態があまり良くない。木曜(17日)の練習で少し痛め、プレーできるまでに回復できていない」と話した。


提供:RNS fs/hh