日本ラグビー協会で代表チームの強化を担当する藤井雄一郎ディレクターが18日までに取材に応じ、23年W杯を見据えた長期的な強化策として、トップリーグ(TL)上位と南半球の強豪チームが対戦する機会を設け...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) ラグビーTOPへ